スポンサーリンク

職場でいつも500mlのペットボトルのお茶を買っていたのですが、
サーモスさんの『真空断熱ケータイマグ/JNL-500』
購入しました。

このJNL-500はちょうど1年前に(某歌ではないです)購入して、
夏と冬と保温効果を確認しましたのでそのあたりも踏まえて
お伝えしようと思います。

外箱

事の発端は500mlのペットボトルをコンビニで月に20本以上買っており、
3000円前後の出費をしていて節約できないかというビンボー臭い理由から
でありますが、年間で36000円となるとコンパクトカーの自動車税を
払えるくらいで意外に大きいです。

真空断熱ケータイマグ/JNL-500

購入したのはディープパープルと言う色です。この色であれば
会社のデスクに置いていても目立ちすぎず男性にもってこいの
色だと思います。他にピンクやブルーなど合せて5色あるので
女性にも気に入った色が見つかると思います。

保温性の良さと携帯性の良さで決め手になったのがサーモスの
JNL-500でした。

他にもワンタッチオープンやお手入れが簡単にできるのも
気に入った点です。

ワンタッチオープン

気になる保温性ですが、熱いのをキープするよりも冷たいのを
キープする方が性能が高いように感じました。
朝に氷を5,6個入れてお茶(えぞ式すーすー茶ですね)
夕方でも氷が残っている時もありますし、冷たく飲めます。
暖かいお茶は入れ立ては逆に熱くて飲めないくらいですが、
夕方には飲みやすい温度になる感じですね。こちらも
ぬるいと言うほどにも低下していないです。
とはいえ、どちらも十分な性能ですので冷たいのを入れても
熱いのを入れても美味しく飲めますよ。

これからの季節は熱中症などの注意が必要になってきますが、
このJNL-500はスリムボディと軽さで携帯性もバッチリ。
車の標準カップホルダーにもスッポリはいりますので、
ドライブのお供にもGOOD。

ここは直して欲しい!

唯一の弱点というか改良を希望する所は、塗装部分です。
車ではありませんが、塗装面がやや弱いのか剥離が起こります

底の剥離

3カ月も経たないうちに底の塗装が浮いた感じがでてきて、
1年たつとこんな感じになってしまいました。

会社のデスクの間にメモなどを挟める緑のフェルトと透明の
シートってよくあると思いますが、その上に載せていたら
若干引っ付くような感じがあったので、それが剥離を促進させた
可能性はありますが、一番こすれる部分である底面の塗装が
強化されると言うことなしです。
他の塗装面に剥離が見受けられないのでそれだけが残念でした。

勿論、個体差でこういった場合があるだけなのかもしれませんが、
僕の個体ではこのような現象が起こりました。

総論として

塗装の剥離という点はありますが、本来の目的である保温性や
携帯性という部分では非常に優秀です。さすがサーモスさんと
言ったところでしょうか。
パッキンなどの交換部品も入手しやすいので、傷んだりしても
すぐに替えられますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事