スポンサーリンク

※パート2の作成の前にPCが飛んでしまい、データが全損してしまったため
中途半端で終わってしまっております。
諸般の事情もあり復旧に1年以上要したことを深くお詫び申し上げます。

書くのが遅くなってしまいましたが、「ファイテンスペシャルセミナー2016in大阪」が7月2日(土)に開催され、約1年ぶりに参加してきました。

ファイテンさんのスペシャルセミナーに初参加は去年でしたので、今回は2回目の参加となります。
去年は芸子さんのふく恵、森脇健二さんと熊谷奈美さんというゲストでしたが、今年はコヤンキー酒井(古い?!)こと「酒井美佳」さんがゲストです。

酒井美佳さんはボーリングのプロ選手です。お父さんである「酒井武雄」さんの全日本選手権で優勝を機に本格的にプロボーラーの道へ進むことになったそうですね。

セミナー開始です

さて、セミナーのスタートはファイテンの社長の平田好宏さんのお話からはじまりました。前回の時も平田社長のお話からでしたので、恒例のというべきですね。相変わらず熱いお方でした!

ファイテン社長

平田社長のトーク

お話はといいますと、人間には数多くの生体電流が体内を駆け巡っており不調などになるとこの電流が乱れることになりますと。例えとして心電図の電流波形を挙げられていました。波形が乱れると心臓等の系統に何らかの問題が起こっていることがわかるように、その乱れを整えてあげようとするのがファイテンの技術ですと、話されていました。

金属を水溶液化することで様々な効果が得られるというのも研究で証明されているそうで、チタンを水溶液化した初めての企業がファイテンさんだったということです。(京都府立医科大学の吉川敏一学長が代表を務めている「アクアメタル研究会」にて検証)

よく、ファイテン製品はプラシーボ効果では?などと言われたりしますが、きちんと根拠のあるものであることを裏付けるものになっていますね。

平田社長も効果がなかったら30年も会社が続いていないとお話されていましたので、確かなものだと思います。
30分間の平田社長のトークもあっという間に終わってしまい、一度休憩となりました。

1回目の休憩

休憩といっても、会場の右側や後方にはファイテン製品が多く展示されており、また体験コーナーもあるので席で寛いでいる訳にはいきません。

とりあえず、片っ端から写真を撮りながら他の人がスタッフに聞いている内容に耳を傾けておりました。

RAKUWAネックX100

やはり人気なのはRAKUWAネックX100の羽生結弦モデルシリーズですね。写真を撮ったのですが、肝心の物がセミナー参加者の皆さんも手に取ったり写真を撮ったりと定位置にほとんどいない人気ぶり。

RAKUWA X100
RAKUWAネック X100シリーズ

RAKUWA磁気チタンネックレス

RAKUWA磁気
RAKUWA磁気
上の2枚はRAKUWA磁気チタンネックレス

スタッフさん
スタッフさんに付けてもらいました。

去年はアンケートプレゼントでRAKUWA磁気チタンネックレスをいただいたのですが、X100は気にはなっていたのでセミナー会場で購入しました。(レポートは後日記載しますね。)

アクアチタンソックス アースモデル

もう一つ注目を集めていたのが、羽生結弦さんとファイテンさんとで作り上げた「アクアチタンソックス アースモデル」です。

アースモデル
アースモデル
アクアチタンソックスX10 アースモデル

フィギュアスケートという足の部分での繊細な感覚が必要になるようなスポーツでもしっかりとサポートできる靴下として誕生したモデルです。
羽生結弦さんが使用しているモデルは5本指タイプですが、アースモデルには羽生結弦さんのシルエットの刺繍がされています。

(数量限定だそうですが、【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト
か店舗でアースモデルを購入すると羽生結弦さんの写真入りのオリジナル袋がもらえるとのことです!)

そんなこんなで休憩時間は終わりになってしまいました。



パート2に続く

スポンサーリンク
おすすめの記事