スポンサーリンク

奈良県の十津川村にある『谷瀬の吊り橋』に行って来ました。
京奈和道の五條ICから国道168号線を走って1時間位で着きます。
ただ、所々工事をしているので大型車両が頻繁に通ったり、
片側走行になったりとするので注意が必要でした。

この谷瀬の吊り橋は生活道路橋として公道の認可
受けた橋としては日本一の長さを誇るそうです。鉄線(ワイヤー)橋になります。

谷瀬の吊り橋

長さ297メートル、河原からの高さ54メートルあり
谷瀬と上野地を繋いでいます。

上野地側に有料ではありますが駐車場があり(無料があるかは
分からなかったです)乗用車は2時間までで500円となっていました。

谷瀬の吊り橋

上野地から見た吊り橋です。向こう岸が遙か先に見えています。
あいにく到着する前から雨が降り出してしまいました。

スタートして暫くは橋全体に木の板が貼られていて、
歩いてみると意外にしっかりとしていて、不安定感はないです。

谷瀬の吊り橋

橋の中盤辺りではこんな感じです。約20cm幅の板が4枚になって、
両側はメッシュで覆われて入るだけになっており、橋の付け根部分より
揺れを感じますが風も穏やかだったため、やや拍子抜けの安定感でした。

谷瀬の吊り橋

足元を見た感じですが、写真では54mの高さがあるのはイマイチ
伝わらないかも知れませんね。ずっと下を見ていると吸い込まれそうで
ちょっと怖くなります。

谷瀬の吊り橋

谷瀬側からの写真です。山に囲まれているので、違いは分かりにくいですね。
ザ・大自然という感じの中にありますので癒されます。

谷瀬の吊り橋

橋の全体像です。見にくいですが、橋の下にもワイヤーが弧を描いて
張られており、長いのに安定した橋を作り出しているようですね。

橋を往復して、上野地側に戻りすぐ横にあるお店で、
「生いも串こんにゃく(1本100円)」を食してから、帰路につきました。
あつあつのこんにゃくはとても美味しかったです。

生いも串こんにゃく

標高もやや高く谷間を抜ける風が気持ちいいので、これから梅雨が明けて
晴れの日が多くなると、絶好のスポットになると思います。

吊り橋効果があるかは分からないですが、デートの選択肢に
入れてもいいかもしれませんよ。

十津川村観光協会

スポンサーリンク
おすすめの記事