スポンサーリンク

ローストビーフが山のように盛りつけられている事でインパクト抜群の「ボルケーノキッチン」に梅田の方に行ったついでに行って来ました。

ボルケーノとは英語で「火山」で、高く盛りつけられたローストビーフの上に糸唐辛子を火山の噴火の様に散らしていて見た目にも遊び心のあります。

ボルケーノプレート

注文したのはお店の人がオススメという「ボルケーノプレート」です。高さは約20cmといったところでしょうか。
その他にもボルケーノプレートの倍くらいの高さの「フジヤマボルケーノ」、ローストビーフの中に入っているご飯をサラダに変えた「ライトボルケーノ」の3種類がメインのプレートの様です。

メニュー

かかっているソースも3種類ありますが、こちらもお店のオススメのバター&にんにく風味のこってりソースをチョイス。
甘みとバターの風味ににんにくの香りが食欲を大いにかき立ててくれます。やや酸味が効いていてこってりの中にもくどくなくて実に美味しいソースとなっていました。

また「ダイアモンドヘッド」という名の高さが抑えられたロコモコ風のメニューもあります。
その日の気分で、同じローストビーフを食べる選択肢があるのはいいですね。

さて、この高く盛りつけられたローストビーフの火山の美味しい食し方は大きく分けて2パターンあると思います。
一つは上から一枚ずつ剥がしながら食べていくのと、一気に崩してソースと絡めてから食べると言う形ですね。

今回は初めてでしたので、上から一枚ずつという方法をとりました。ソースの上にローストビーフを敷いてご飯を巻いて食べたのですが、ローストビーフの枚数に対してご飯が残らないかと不安がありましたが、充分に肉の量がありました。
しかしながら、これは一気に崩して食べた方が美味しいかも、と思いました。

次回は崩して食べることをやってみます。ローストビーフは非常に柔らかかったです。これだけのボリュームで850円はかなりお得なランチでした。

僕が行ったのは13:30頃でしたが、6人ほど並んでおり入店出来たのは14:00を回っていました。
待つこと10分で料理が出てきて20分ほどで食して外に出るとラストオーダー間近なのにまだ12,3人並んでいました。
かなりの人気店ですね。

お隣のお寿司屋さんもかなり並んでいたので、この辺りはなかなか美味しそうな店が多そうで開拓の余地が大いにありそうですね。
皆さんも梅田界隈に遊びに(仕事に)行かれた際には、1歩足を伸ばして食べてみる価値はあるお店ですよ。

是非、候補に考えてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事